鼻呼吸について

鼻呼吸していますか?

 

呼吸を改善するための条件として、まず、鼻呼吸は絶対的に必要です。

そのため、口呼吸を早期発見し、治療することが大切になってきます。

なお、鼻から呼吸をすることが困難な場合には、是非お尋ねくださいませ!!!

 

〇鼻呼吸の利点

〔髪嵶呂強化される

一酸化窒素の働きで体温が上がり、血のめぐりが改善する

姿勢が良くなる

ぢ瞭盍超が安定する

テ常生活や運動のパフォーマンスが改善する

 

△任里茲Δ防仝撞曚鬚垢襪海箸之豐匹拡張し、さらにはい留洞舛加わり酸素供給が適切になることで脳とからだが活動しやすくなります。集中力、動きやすさ、姿勢、免疫力、痛みの改善、など様々な効果が期待できます。

 

 

 

 

 

 

 

しあわせレシピ26

秋冬の旬の食材でおいしくクッキング!

 

秋冬はおいしい食材の宝庫~♪

 

鶏と大根のあっさり塩鍋

 

調理時間:約15分

≪材料2人分≫

 

鶏もも肉 1枚(300g)
大根 300g

 

A    水 2cup
A    酒 大さじ1
A    白だし、鶏ガラスープの素 各小さじ2
A    にんにく、しょうがチューブ 1〜2cm

 

塩・こしょう 少々
なたね油(またはサラダ油) 小さじ1
(お好みで)粗挽き黒胡椒 適量
(お好みで)ごま油 適量
 

≪作り方≫

1.鶏もも肉は、一口サイズに切り、塩・こしょうを揉み込む。大根は皮をむき、5mm幅のイチョウ切りにする。    

 

2.鍋になたね油(またはサラダ油)を中火で熱し、鶏肉の皮面を下にして並べる。2分焼いたら裏返し、もう片面も1分焼く。    

 

3.全体に焼き色がついたら、大根を加えてサッと炒める。    

 

4.全体に油が回ったらA水 2cup、酒 大さじ1、白だし、鶏ガラスープの素 各小さじ2、にんにく、しょうが チューブ1〜2cmを加え、落し蓋をして中火で10分煮る。    

 

5.器に盛り、(お好みで)粗挽き黒胡椒をふって、お召し上がりください。

パンチが足りない方は、(お好みで)ごま油をまわしかけて食べてもOKです。

 

 

<ワンポイント>

 

鶏肉をサッと焼いたらあとは、大根と一緒に10分煮るだけ。

工程も調味料もとーってもシンプルだけどスープには、旨味がたっぷり♡

ゴクゴク飲み干せますよ〜♪

また、コトコト煮た大根は、驚くほど甘くてトロントロン。

300gなんて、ペロリと完食間違いなしです( ´艸`)

胃腸にもやさしいですよ♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

口呼吸について

呼吸のチェックで最も重要なことがあります。

それは、「鼻呼吸ができていますか?」ということです。

今、新型コロナウイルスでマスクをすることが増えてきている日常の中で、鼻呼吸ではなく、口呼吸になっている方がとても増えています。

「口呼吸は健康によくない!」と耳にしたことがあるかもしれませんが、まさにその通りで、口呼吸は「百害あって一利なし」です。

強いて利点を述べるとしたら、鼻がつまった時でも息ができることぐらいでしょうか。ただ、鼻炎などに伴う鼻詰まりの主な原因は口呼吸にあるので、やはり一利なしといっても過言ではないと思います。

ただし、強度の高い運動中など、口から呼吸しないと十分な酸素供給ができない場合については例外とします。

まずは、口呼吸の悪影響についてご紹介します。

 

〇口呼吸の悪影響

|郢、歯周病、口臭の原因になる

¬髪嵶呂低下する

姿勢が悪くなる

た臾欧亮舛悪くなる

ゴ蕕侶舛ゆがむ

Ω撞枋垢増える

などが主な口呼吸によるからだへの悪影響です。

 

これらは鼻呼吸をすることで改善しますので、極力、常に鼻で呼吸をするように努めてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年こそっ!!!

皆さまいかがお過ごしでしょうか?

 

暦の上では、夏が終わり季節は秋へと移っておりますが、からだとこころもついていけていますでしょうか…

 

今年は、イベントなども中止になり夏を楽しむことのない季節で終わってしまっている方も多いのではないでしょうか。

 

あっと言う間に、もう秋....🎃

 

そしてアッという間に冬がやってきて、ホリデーシーズンに突入です🎄🎄🎄

 

さて、コロナの今は社会の大きな変革期です。

 

わたしは、本当の意味で”自分がわくわくすること””長年やりたいと思っていたことに”

 

ある意味、挑戦できるときではないかと考えています!!!

 

自分の働き方、過ごし方、生き方を改めてじっくりじっくりと考えすべてをリセットすることも、新しい何かをプラスすることもできるではないでしょうか。

 

今こそ勇気をもって、一歩踏み出すことができるとき✨✨✨

 

やる前から結論づけたりせず、やりながら、上手くいく方法を見つけていく気持ちがあれば、焦らず楽しく進んでいけます。

 

この変革期を自分はどう捉えるか、またこれからの人生が大きく変わっていく。

 

いつもお伝えしているけど、自分次第!!!

 

周囲と比較したりせず、自分が本当にしたいことを見つけ、取り組んでいきたいですよね🐭

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

しあわせレシピ 25

五センスでは、外側からだけではなく内側からのさらなる相乗効果を期待した方法をアドバイスさせていただいております。

食材だけでは明確な効果は期待できないが、補う効果として長期的な摂取を通じて生理機能を調整し、「未病(病気とはいえないが不調な状態)」を防ぐ力があります。

食材の性質と自分の体質の関係性を理解し、さらに季節に合った食材を選ぶことで、気を補い、からだを健康にすることができるのです。

 

 

はたらき 対応する臓器 代表的な食材
汗を抑え、尿を排出する レモン、梅
からだを強くし、痛みを和らげる 人参、豆腐
熱と水を排出する ゴボウ、ニガウリ
気血の流れを促進する 玉ねぎ、にんにく
鹹(塩辛い) 血のうっ滞や結石などを散らす 昆布、しょうゆ



 

季節 対応する五行 対応する臓腑 食生活のポイント 適した食材
肝・胆

1.肝を養うことに優先し、さらに脾・胃を大事にする

2.あっさりした味付けにする。特に補う食材をとる必要はない

3.季節の緑黄色野菜を多く食べ、新陳代謝を促す

4.「寒性」の食材はあまり食べないようにする

ニラ、桃、イチゴ、豆腐
火・土 小腸・脾・心

1.夏は心を養う

2.新鮮であっさりした食材を選び、脂っこいものは避ける

3.水を十分に飲み、塩分を補給する

4.苦みのあるものを多く食べ、熱を冷ます

5.肉は少なめに。肉は痰や不要な水分を生みやすい

ニガウリ、すいか、ハスの実、きくらげ、セロリ、ヤシ、キュウリ
肺・大腸

1.秋は乾燥に気をつけ胃を養う

2.保湿効果があり、乾きを潤す食材を多く食べる

3.酸味のあるものを多く食べ、体液を増やす

4.体内の火が上がってくるようなものは食べないようにする

山芋、銀杏、梨、蓮根、
生殖泌尿器科・大脳、腎

1. 寒い冬は腎を養う

2.「温熱性」の食材を中心に食べ、血行をよくする

3.冷たい食べ物、飲み物は避け、本来ある活力を損なわないようにする

ネギ、しょうが、ラム、キャベツ、春菊、シナモン

 

 

 

 

呼吸が改善すると〇〇が変わる

人間が生まれてから発育していく過程で自然と獲得する動作のことを原始動作といいますが、呼吸は最初の原始動作であり、歩行や走行は最後に獲得する原始動作です。

歩行はすべての原始動作の集大成ともいえるもので、呼吸と密接にリンクしています。

例えば、緊張した呼吸をしている人は効率的な歩行はできていません…

緊張した呼吸をしている人の歩行の特徴としては、主に次のようなことが挙げられます。

 

緊張しているときの呼吸の歩行の特徴

 

踵と接地がない

からだの上下動が少ない

重心の左右移動が少ない

腕を振らない

歩幅が狭い

足幅が広い

頻繁につまずく

歩くとすぐ疲れる

 

 

慢性的に緊張した呼吸を行っている人は筋肉も緊張しています。

特に腰、背中、ふくらはぎ、首の筋肉は努力時呼吸の影響を強く受けるため、腰ははり、背骨は圧迫されて膝や足首なども硬くなってしまいます。

そのために、歩行時にうまく衝撃を呼吸することができないのです。

そうなると脳は歩行時の衝撃から自らを守るために、筋肉が発揮できる力を抑制して、大きな力を生む動作をできないようにしてしまいます。

歩幅を例にすると、大きな歩幅での歩行はかかとから接地する必要があるので、緊張したからだはかかとが地面についた時の衝撃を吸収できません。

そのため、脳はできるだけ衝撃の少ない歩行をするように仕向けます。

 

適切な歩行を取り戻すには呼吸機能を回復し、回旋を取り戻す必要があります。

 

呼吸が改善すると歩き方も自然と変わってきます!!!

 

 

 

 

冷え性チェック

冷えは大変厄介なものです。

体内の血行が悪く、滞ったりすると、身体は冷え症からなり、肌は潤いを失い、生殖器系機関はさらに冷えやすくなります。

冷えは血液循環の不調を知らせるサイン。

自分のからだの声に耳をすましてください。

以下の設問で、当てはまるものをチェック☑を入れましょう。

 

□睡眠不足ではないのに、下まぶたがはれる

□ときどき肩や首がひどくこり、からだに疲れを感じる

□生理不順で、しかも生理痛がつらい

□足の指の爪が白くなりやすい。しかも爪の上に細長い筋が入る

□お風呂はだいたいシャワーだけだ

□便秘になりやすく、排便できても、ウサギの糞のようなコロコロした便が出る

□ピーマンやニンジンなどの緑黄色野菜、豚のレバーがきらい

□運動不足という自覚がある

□一日の排尿回数が5回以下だ

□夜寝ていると、足などがつって目が覚める

□運動不足という自覚がある

□一日の排尿回数が5回以下

□真夏でも汗があまり出ない

□朝はすっとじゃ桁靴が、晩にはきつくなっている

□朝起きると顔がむくんでいることが多い

□飲み物がないと食事を食べきれない

□ずっと同じ姿勢でデスクワークをしている

 

あなたの冷え性度は?

 

☑が4つ以下の人

冷えやすい体質ではなく、体内の水分も足りています。

内臓も良好にはたらいています。

ほかのタイプと比べ健康的と言えるでしょう。

すぐに欠航が回復し、むくみも消えます。

利尿作用のあるコーヒーやお茶、紅茶を飲んでもよいでしょう。

 

☑が5~7つの人

冷えやすい体質ではなく、体内の水分バランスも悪くありません。

内臓はいつも熱があり、血行も理想的な状態です。

少し調整すればとてもよくなるでしょう。

ふだんは「温性」「熱性」の食材をたべても問題ありません。

加熱調理した緑黄色野菜をたくさん食べるようにし、たまに生野菜を食べてもよいでしょう。

またフルーツを切らさないこと。

運動不足、睡眠不足になると、からだが冷えやすくなるので注意。

 

☑が8~10の人

冷えやすい体質で、体内の水分は足りている状態です。

水分が十分なので、お肌に潤いがありますが、水分が多すぎると分間が遅くなり、余分な水分がなかなか排出されずに内臓が冷える恐れがあります。

日頃からからだを整える運動(五センスでは、臓器体操)をし、お風呂では湯舟に使ってからだを温めるよう心がげましょう。

過度の摂取制限や食事によるダイエットはさけてください。

もちろん氷や冷たい飲み物は控えるように。

からだの冷えがひどくなります。

 

☑が10~12の人

冷えやすい体質ですが、体内の水分バランスはだた悪くない状態です。

手足、顔、肌は冷えやすくなく、体温も正常ですが、からだの内部が冷えやすく、全身の代謝力が低く、水を飲むだけで冷えてきます。

冷たいビールや清涼飲料水は避け、からだを整える運動(五センスでは、臓器体操)をして、お風呂では湯舟に入りましょう。

お腹が冷える服装はさけ、シナモンやニラ、しょうがなどからだを温める食材をとること。

香辛料にもからだを温める効果があります。

 

☑が13個以上の人

冷えやすい体質です。

しかも体内の水分が不足しています。

排尿回数が少なく、排便も順調でないため、体内に毒素が溜まりやすく、その反応としてニキビができやすくなります。

水分補給を心がけ、適度にからだを動かして、血行を良くしましょう。

冷たい飲み物は厳禁です。

このタイプの人は自分が冷え性だと自覚していないかもしれません。

内臓器官がすぐに冷えやすく、ホルモン分泌に悪影響があるので、女性は特に注意が必要でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

間違いだらけの情報…

最近では、情報が過多になりすぎて、何をキャッチすればいいのか悩んでいる方も多いはず!!!

 

それも運命です。(冷たいように聞こえますが…)

 

自分で誰を信じ、何を選び、進んでいくかは自分次第。

 

今すぐ若々しく健康なからだをてにいれましょう♪

 

飲めば飲むほど、どんどん骨が弱くなる!

間違いだらけの牛乳と骨の関係

 

牛乳=骨にいいとそんな方程式が多くの日本人に植え付けられています。

その大きな理由のひとつが学校給食、もう一つは育児書として世界的にも有名〇〇〇〇。

 

骨の健康にはカルシウムだけを多くとっても意味がありません。

 

からだの摂取量にもバランスがとても大切です。

 

過剰に摂取することで悪影響になることもあります。

 

そこで五センスでは、臓器体操で骨を強化することを実践中。

 

転ばないように、骨折しないように!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しあわせレシピ 24

オートミールって?

 

日本ではまだ馴染みの薄いオートミールですが、欧米では朝食の定番メニューといわれています。

 

ちょっと、わたしの中で、myブームのひとつ!!!

 

オーツ麦・燕麦(えんばく)の脱穀を行い調理しやすくしたものを指し、栄養価が高く、健康食、ダイエット食、または離乳食としても使われています。

 

お湯でふやかしたオートミールはお粥のようで、思いのほか手軽で食べやすくおすすめですよぉ〜♪

 

オートミールといって、もいろんな種類があります。

 

そのものにより、味や触感が変わります。

 

それはそれで楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

簡単調理で朝ごはんにぴったり


お茶漬けオートミール粥

 

<材料>  ( 1 人分 )


オートミール  30g


水  200ml


お茶漬けの素(市販品)  1/2袋


梅干し(小)  1個


白ゴマ  適量


お漬け物

 

 

<作り方>


お茶漬けの素で食べやすく!


1.鍋に水とオートミールを入れて中火にかける。

 

煮たってきたら火を弱め、1分30秒煮る。

 

2.トロミがついてきたら、お茶漬けの素を入れてひと混ぜする。

 

器に盛って梅干しと白ゴマを振り、お漬け物を添える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

からだの老化を防ぐためにまずケアする場所

若さと健康の土台は

「骨」と「血管」

 

からだのどの部分も絶対不可欠ですが、五センスではその中でも

一番「骨」「血管」が老化のキーポイントとなると考えております。

 

「骨」…からだを支えて守るまさに健康の土台

 

骨のはたらき

☆内臓を保護する

☆ミネラルの貯蓄

☆運動をつくる

 

骨が弱くなると

☆骨折しやすくなる

☆骨粗鬆症

☆筋力が低下する

☆ミネラルバランスが崩れる

 

「血管」…全身に栄養素と酸素を届ける血液の通り道

 

血管の働き

☆酸素や栄養素を運ぶ

☆毒素を回収する

☆体温を届ける

☆免疫力をつかさどる

 

血管が弱くなると

☆動脈硬化やプラークができる

☆酸素や栄養素が届かなくなる

☆毒素が溜まり身体をむしばむ

☆免疫が弱くなる

 

 

骨はまさにからだの土台。

内臓を支え骨のまわりについた筋肉との連携で歩いたり走ったりと運動をつかさどります。

骨の老化といえば骨粗鬆症。

年老いて骨が弱い状態で骨折などをすると、それがきっかけで寝たきりになる例も少なくありません。

加えて、骨にはミネラルの貯蔵庫としての役割もあります。

ミネラルを必要な時には血中に放出してのミネラルバランスを守っているのです。

さらに血液をつくったり、脳や内臓を保護したりする働きもあります。

骨の健康は全身を若く保つためにかかせないのです。

 

細胞がきちんと働くかは血管の健康に左右される!

酸素や栄養素を核細胞に運ぶ血液の通り道である。

老化によってこの欠陥が固くなったり、血管壁にプラークが蓄隻したりしてしまうと血液の流れが滞り、高血圧や脳梗塞、心臓病などの引き金に。

また、全身が酸素不足・栄養不足なり各臓器の働きが低下、全身の司令塔である脳にも悪影響を及ぼし、認知症などにつながっていくのです。

じぇちぇきはからだの中の不要物を回収する役割もあるので、血管の老化は毒素の多いからだ、すなわち老化への道まっしぐらになってしまいます。