臓器体操では

体操といってもストレッチでもなく、動きづくりに重点をおいています。

 

何となくからだに良さそうだからストレッチや運動、ジムなどのトレーニングを始めても三日坊主とよく耳にします。

 

こうしたトレーニングを続けていくためには、この運動をすれば腰が良くなる、ダイエットができる、姿勢が良くなる等々といった目的意識とそのプロセスを理解することが大切。

 

そして、それを実践して実際に痛みが軽減したり、からだの動きがよくなってはじめて継続できるのではないでしょうか?

 

やはり、理解と体感が大切です。

 

五センスの臓器体操では、

 

イメージを持って意識もしていただき、ストレッチというメニューもありますが、痛気持ちいいと感じる刺激もあります。

 

ぜひ、臓器体操をお試しくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

しあわせレシピ18

チキンと夏野菜のびゅうびゅう焼き


<材料>(4人分)

鶏モモ     400g

塩・こしょう  少々

オクラ     8本

パプリカ赤・黄 1と2/1

ズッキーニ   1本

ミニトマト   6個

かぼちゃ    120g

れんこん    1節

じゃがいも   2個

水切りプレーン 200g

 

 

ハーブガーリックオイル

 

オリーブオイル   大さじ5

ローズマリー    2枝

にんにく      25g

 

1.天板にオーブンシートを敷いておく。

 

2.鶏モモは一口大に切り、塩、こしょうをして軽くも見込んで30分おく。

 

3.オクラはヘタをむき、塩(分量外)で板ずりする。

 

4.パプリカは大きめの乱切りにする。

 

5.ズッキーニは2センチ暑さの輪切りにする。

 

6.ミニトマトは半分の大きさに切る。

 

7.かぼちゃは1cm暑さのくし形に切る。

 

8.れんこんは1cm暑さの半月切りにし、ボウルに入れて水にさらし、水けをきっておく。

 

9.じゃがいもは1個を8等分のくし形に切り、ボウルに入れて水にさらし、水気をきっておく。

 

10.にんにくはみじん切りにする。

 

11. 大きめのボウルにオリーブオイル、ローズマリー、にんにくのみじん切りを入れて混ぜ、2.のにんにく3〜9の野菜を入れて全体を混ぜ、塩、こしょうする。

 

12. 11を1に移し、ティースプーンなどで水切りヨーグルトを散らし、200℃に温めておいたオーブンで40分ほど焼く。

 

 

 

※下準備

 

水切りヨーグルトの作り方

 

キッチンペーパーやコーヒーフィルターをしいたザル(コーヒーをおとす容器)にヨーグルトを流しいれ、置きます。

 

重石を乗せると短時間で水切りができます。

 

染みだした水分はホエー(乳清)という栄養豊富な成分です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正しい姿勢になるため

正しい姿勢になる第一歩は…

 

会社や電車などで意識したら姿勢はしつけられる!!!

 

わたしたちの姿勢が崩れている原因としては、足の重心点がかかとよりになっているのでは?!

 

そんな方が多いように感じます。

 

足の指を使う能力が落ちているため重心がかかとのほうに移ってしまっているのです。

 

その状態で立っていることが大変なので、バランスをとるために頭を前にだして背中を丸くするしかないのです。

 

ご自身の姿を全身鏡で横から見てみてください。

 

常にアドバイスするのが、まわりのみなさんは、じぶんのことを前からだけではなく、後ろや横やななめの姿、トータル的にみられています。

 

お顔だけ、髪型だけ、うわべだけ整えても見る人がみるとお見通しってなわけです…(笑)

 

崩れた姿勢を矯正するために使わなければいけないのが足指です。

 

実は、立つ、歩く、という基本動作において需要なのが足指の筋肉なのです。

 

今の子供たちの抱える問題として、裸足で生活する機会がなくなっているので、足指の筋肉の使い方が悪いまま立ったり、歩いたりしているのを見かけます。

 

正しい姿勢の重心は、足関節(足首)より前。

 

日々の積み重ねで、お尻もきれいな形になりボディーラインも作り上げていくのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

胃の調子が悪い

身体の状態

 

胃をちゅうしんとした周辺の筋肉が固まっている。

 

また、全身の金にも固まっている傾向にある。

 

呼吸が浅くなっている可能性大!!!

 

自律神経のバランスが胃とからだの調子を決める

 

生活習慣が原因で胃の調子を崩すこともありますが、気温の変化で自律神経のバランスが崩れたことが原因の場合もあります。

 

胃の調子がおかしいと感じたらまず、胃の周辺の緊張を和らげましょう♪

 

セルフケアに合わせ、呼吸を深くすることもあせてください。

 

胃の不調から腰など他の部位への不調の引き金になる可能性があります。

 

五センスでは、

 

そこの不調だけではなく根本から見直して完全への道へ導いていくお手伝いをしています。

 

ほかの部位の筋肉を緩めることで胃へのストレスを緩和させられることへも繋がります。

 

 

1.床または椅子に座る。

 

2.下腹部とその反対側にあたる背骨に指先をあてる。

 

3.下腹部と腰が膨らむように呼吸する。

  ふくらませてキープしたあと、息を吐いてキープする。

 

ワンポイント

お腹がふくらんだ状態。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セルフケア

五センスでは、施術をした後には必ずセルフケアできるやり方(臓器体操の一部)をお教えします。

 

目的は、

‐評の緩和

痛みの解消

再発の予防など。

 

ほぐして痛みが和らぎ刺激を与えてからだが動く

 

実は、むやみにほぐしても、痛みの根本は解決されていません。

 

固まった筋肉をほぐすと同時に、深層部に刺激を与えて機能を活性化させるのです。

 

短時間で効果を得られやすいのも魅力です。

 

 

あらゆる痛み、体調不良に対応した臓器体操がある

 

肩こりや腰痛は多くの人が悩んでいることでしょう。

 

これらも筋肉の深層部を刺激してからだのバンスを整えていきます。

 

また、筋肉や関節の痛みだけでなく、内臓をはじめ、からだにでてくる症状にも臓器体操で対処できます。

 

これは全身の筋肉が緩むことで、体内の不調による痛みが軽減される、また血流が良くなる、呼吸が深くなるなど、体調を整える効果があるからです。

 

 

慢性的な腰痛の方におすすめ

 

足裏の機能を高めて全身のバランスを整える

 

足裏のアーチをつくる

 

足裏を刺激して筋肉を活性化させる・

 

両側面やうちくるぶしなどもほぐす。

 

実践の目安…左右各10回

 

1.足裏が見えるように座り、足の小指側の側面を指でなぞり、骨が出ている部分を確認。

 

  骨のないへこんだ部分を親指でひざ側に引き上げ、もう片方の手で、指をのぞいた足裏の万案の部分を押す。

 

  同時に足の指をぐーぱーで10回開閉する。

 

2.足裏の両側面にある出っ張った骨の確認。

 

  確認できた骨と骨の中間部分を両手の親指で抑える。

 

  同時に足の指をグーパーで10回開閉する。

 

3.内くるぶしの前方斜め下にある出っ張った骨を親指でひざ側に引き上げながら、もう片方の手で足の裏の真ん中の部分を押す。

 

  同時に足の指をグーパーで10回開閉する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨーグルト健康術

どうしてヨーグルトが免疫力UPの健康術に重要なのか?

 

それは、ヨーグルトが免疫細胞の活性化をもたらすうえに、さまざまな作用で寧増やメンタルの健康に寄与することが科学的に証明されているからです!!(医者が考案した究極のヨーグルト健康術から引用)

 

7つのゴールデンルール(黄金法則)

 

1.ヨーグルトはウィルスと戦う”基礎体力”=免疫力を高めてくれる

 

2.ヨーグルトは”免疫力の工場”ともいえる腸を元気にする!

 

3.”コロナ感染”で重症化しやすい糖尿病などの生活習慣病をヨーグルトが予防!

 

4.免疫力を高める食材をあわせて食べてより高い効果を!

 

5.ヨーグルトはイライラ・不安を落ち着けてメンタルを安定させてくれる

 

6.「温める」「脱力する」「リズミカル」が自律神経を整える!

 

7.ストレスにも”予防”のかんが得方で事前に対処する!

 

※五センスからいえることは、

 

特定のヨーグルトということ。

 

生活習慣に習慣化すること。適量が大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しあわせレシピ 17

簡単〜✨不調に効く✨

 

さらに〜✨

 

目に良い美味しいレシピをご紹介!!!

 

血圧や血糖値を下げるための食事ほどには、目の不調を改善するための食事はあまりなじみがないかもしれません…

 

目でも血液や内臓と同じようにこれまで食べてきたものでできているのです!!!

 

人参とツナのきんぴら

 

<材料2〜3人分>

人参 1本

ツナ缶 小1缶

醤油 小1さじ

すり黒ゴマ 適量

 

 

<作り方>

1.人参は皮をむいて、縦半分に切ってから斜め薄切りにする。

 

2.フライパを火にかけてツナ缶の油を熱し、1の人参を炒める。

水大さじ1(分量外)を加え、さらに蒸らし炒めにする。

 

3.水分がなくなったら、ツナの身と醤油を加えて全体を炒めあわせる。

 

4.器に盛り、すり黒ゴマを振って出来上がり。

 

 

 

目によい栄養素として

 

βーカロチン

DHA、EPA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しい変化〜

毎日物事は変化するのですよね〜

 

もしかしたら、その変化に築いていない方が多かったり…(笑)

 

築いていますか?

 

昨日失敗して落ち込んでいても、今日はその解決策が浮かぶかもしれません…

 

毎日、新たな選択肢がやってくると思えば

 

昨日の出来事に引っ張られずに、元気に1日をスタートすることができます。

 

今日も気持ちを切り替えて、新しい選択が無いかを探しながら頑張って参りましょう。

 

Have a wonderful day!

 

 

 

 

 

 


 

日常動作で筋肉をつけよう!!!

間違ったストレッチをしていませんか?

 

腰が痛い、膝が痛む、肩がこる、疲れがとれない…スポーツでのけがなど無関係に多くの方がからだの不調をかかえています。

 

心身共にさらされるストレスによって血流が悪くなり、自律神経に不調を来しているということもあるでしょう。

 

生活の中での利便性が向上してからだを正しく動かす機会が激減したことが大きく影響していると思います。

 

車や電車、デスクワークなどの増加の為、筋肉を正しく動かさなくなったことで姿勢が崩れていき、その結果、からだのバランスが乱れています。

 

筋肉は使わないとどんどん動きを忘れまた、使い方が悪いとどんどん固くなります。

 

そうしたことから、体の不調を整えるために、ウォーキングやヨガ、ストレッチに取り組む方も多いのではないでしょうか?

 

ストレッチとひと言で言っても、筋肉の伸ばし方や呼吸法などはいろいろあるので一概には言えないのですが、ご自分で伸ばす個所をきちんと理解していない場合もよく身受けられます。

 

たとえば、五センスの臓器体操では、

 

その方の身体の状況をみて、伸ばしてほしくない筋肉、逆に縮めてほしい筋肉というのがあるのです。

 

同じ部位であっても左右でも異なります。

 

ストレッチで伸ばす部位の問題でもありますが、筋肉の深さも重要です。

 

せっかく一生懸命がんばっていても成果が出ないとか痛みが全く和らがないというケースがあると思います。

 

腰痛持ちの方が良くいわれること…

 

腰回りが張ったから、腰の周りのストレッチをします。

 

一生懸命ひねったり、前屈したりすることがあります。

 

しかし、腰痛の原因は人それぞれなので実は逆効果になっているということもすくなくないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こつこつ

こつこつ積み上げるのは時間がかかり、崩れるのは一瞬ですよねっ。

 

仕事、人生、筋肉、ダイエット…等々

 

何でも共通して言えますよね。

 

これだけ時間をかけて積み上げてきたのに、一瞬で積み木たおしのようにバタバタと…

 

でも、崩れたっていいじゃない。

 

また積み上げればいいじゃない。

 

物事によっては、楽天的に考えることもありますが、せっかく努力したのであれば、持続することを考えて行動する。

 

でも、崩れることを恐れたら、慎重になりすぎて崩れることもあります。

 

崩れることを恐れず積み上げたら、崩れずに完成できるかもしれません。

 

積み上げることにフォーカスするか

 

崩れないことにフォーカスするか

 

いろんな視点がありますが、どちらにフォーカスするとより良い結果に繋がるかも試行錯誤ですよね。

 

今日も何か小さなことを積み上げながらすてきな1日になりますように。

 

Have a wonderful day!